効率を高めるために

現在では至る所に取り付けられている監視カメラは、犯罪の防止や証拠の確保などに役立っていますが、それと同時に店舗経営にも活躍しています。万引きなどを素早く察知するのはもちろんですが、最近は監視カメラからの映像を下に、日常業務の作業効率をアップさせるためのアイデアが次々と生み出されています。上手くいけば日々の業務に余裕が生まれ、より多くの利益を得られるでしょう。

接客現在販売されている監視カメラは、より高画質で、たくさんの映像を大量に保存できるようになっています。そのため監視カメラからの映像を元に、店内の様子をくまなく確認することで、客層をより正確に把握できるようになりました。客層把握が正確になったということは、客層にあわせた接客がより簡単に出来るようになったことを意味し、店内を回って様子を伺うなど、以前に行われていた客層確保のための作業をほぼカットできます。

客層把握が出来れば、日々の作業効率もアップします。お客が多く来店しそうな時間帯が近づけば、その前に店員を補充しておいたり、店内で商品を探して歩き回る人が多かったら、案内板などを設置するなど、日々の映像の記録を元にして、大勢のお客に対応したり、店内を案内するなどの手間を省き、作業効率をさらに高めることが出来ます。防犯と経営のためにも、監視カメラの導入や更新を行いましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

監視カメラの情報から

犯罪の抑止や証拠の確保など、様々な形で役立ってくれる監視カメラですが、監視カメラが撮る映像は、経営にも役立つといわれています。最近はカメラの性能も向上し、小型化やコスト削減などが行われるようになり、より多くのカメラを設置し、それらの映像をリアルタイムで確認できるようにもなりました。それが経営でも幅広い使い道が生まれるきっかけとなっており、特に客層分析において活躍しています。

監視カメラ監視カメラは店舗が24時間店内の様子を撮影しており、不審な行動をとってもすぐに発見することが出来ます。経営において注目されたのが、監視カメラで録画されている店内の様子で、そこからお客の人相や年齢などを把握して、客層がどの年代や性別に集中しているのかを調査します。店内でいちいち店員が調査する必要もなく、後からの確認も容易なので、犯罪が起きる様子がなくても、監視カメラの映像は保管され、経営の参考資料として使われています

客層を把握できるようになると、それだけで経営はより円滑なものとなります。例えば特定の客層に人気の商品を増減したり、商品の数が大きく減る時間帯に入る前に棚卸しを行ったりと、客層を把握するだけで一日の流れを予想し、スムーズに準備を進められます。もちろん犯罪が起きそうになた時もすぐに対応でき、安価で高画質になったおかげで、店内の死角もなくなり、犯人の人相も完璧に把握できるようになりました。防犯と売上アップのためにも、ぜひ最新式の監視カメラを導入してみてください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket